研究内容

ビークルロボット

トラクタ、田植機、コンバインなど農機をロボット化する研究をしています。

マシンビジョンや測位衛星などを利用して、無人化や自動走行に関する研究を行っています。複数のロボットによる協調作業システムやスマートロボットに関する研究を行っています。日本版GPSである準天頂衛星「みちびき」の高精度測位情報を用いることで、さらなる精度向上も目指しています。

マニュピレータロボット

ロボットアームとハンドを持ったマニュピレータロボットの研究です。たとえば重量野菜の収穫などは重労働ですが、この収穫作業をロボット化する研究を行っています。「足」の機能を有するビークルロボットに「腕」と「手」を付与することでロボット農機の機能拡大を目指しています。

ロボットボート

自動運転が可能な水田防除用のボートロボットを開発しています。従来の手動ラジコンボートと比較して、計画径路を高精度に水面滑走が可能なため、ムラが少ない薬剤散布が可能です。高度な操縦技能が不要なため、防除作業の省力・省人化が期待されます。

農業情報のデータ化

「気象」や「作業履歴」などの情報を活用して、ベテラン農家の匠の技を誰でも簡単に使えるように目指しています。(農業情報のデータ化)

リモートセンシング

リアルタイム性と高い空間分解能を必要とするセンシングにはドローンを用いた低層リモートセンシング,広域性を必要とするセンシングには衛星リモートセンシングが有効です。本研究室では衛星リモートセンシングと低層リモートセンシングを研究対象としています。さらに低層画像と衛星画像を融合してGISで一元化することで,シームレスでタイムリーな圃場環境モニタリングシステムの構築を進めています。