ホーム

ICT×ロボットで21世紀の農業にイノベーションを

農業就業者の高齢化など労働力不足が深刻な日本農業。これらを解決して農業を成長産業化するために求められるのが日本の先端技術を活用した「スマート農業」です。本研究室では無人トラクタなどの「ロボット化」とベテラン農家の匠の技をデータ化して活用する「情報化」によって、農業にイノベーションを起こすことを目指しています!

注目記事

STSフォーラムにおいて安倍首相が本研究室のロボットトラクターを紹介しました。

平成29年10月1日(日)から3日(火)に第14回Science and Technology in Society Forum (STSフォーラム)が開催され、年次総会における安倍晋三内閣総理大臣が本研究室のロボットトラクターを紹介しました。首相官邸のホームページにて公開されています。

最新記事

テレビ東京「ゆうがたサテライト」にてロボットトラクターが取り上げられました。

2017年12月21日

12月21日テレビ東京「ゆうがたサテライト」にてビークルロボティクス研究室のロボットトラクタが取り上げられました。詳しくは下の詳細をご覧ください。

並川さん送別会&忘年会
を開催しました。

2017年12月15日

5年間お世話になった並川さんの送別会と忘年会を実施しました。ほぼ全メンバーが参加し、1年間の振り返りや並川さんやメンバーに感謝の気持ちを伝えるとても充実した会になりました。

ベトナムからの留学生が仲間に

2017年11月1日

ベトナムから新たに留学生が仲間に加わりました。TINHさんです。これからよろしくお願いします。

教員からのメッセージ

野口 伸

副研究院長・教授 

農業においてロボットやICTの利活用は不可欠です。我々の研究開発した新技術は日本農業にとどまらず、世界の食料生産の持続性にも多大に貢献します。

岡本 博史

准教授

coming soon......

石井 一暢

准教授

この研究室を見ていれば、これから先、10年後20年後の農業がどのように変わっていくかわかる。そんな研究室にしていきたい。

What can we do
for agriculture?

北海道大学大学院農学研究院
ビークルロボティクス研究室

電話/FAX

電話 011-706-3883
FAX 011-706-4800

アクセス

札幌市北区北9条西9丁目
北海道大学農学院S棟3階

Count per Day
  • 927総閲覧数:
  • 2018年1月1日カウント開始日: